W32TeXのデフォルトの日本語フォントがしょぼいと感じたときの対処法

IT忘備録

ここ数年、新しい端末に乗り換え、W32TeXを新しくインストールした後に日本語ドキュメントを作ると、出来上がりPDFの日本語フォントがどうもしょぼいなーと感じていました。

以下、ちょっとましなフォントに変更する手順のメモです。

C:\w32tex\share\texmf-dist\fonts\map\dvipdfmx\base
(C:以下にW32TeXをインストールしたとして)にある、kanjix.map の 「upTeX examples」の部分で、以下の部分が有効になっていると思います。

urml     UniJIS-UTF16-H  ipam.ttf
urmlv    UniJIS-UTF16-V  ipam.ttf
ugbm     UniJIS-UTF16-H  ipag.ttf
ugbmv    UniJIS-UTF16-V  ipag.ttf
uprml-h  UniJIS-UTF16-H  ipam.ttf
uprml-v  UniJIS-UTF16-V  ipam.ttf
upgbm-h  UniJIS-UTF16-H  ipag.ttf
upgbm-v  UniJIS-UTF16-V  ipag.ttf
uprml-hq UniJIS-UCS2-H   ipam.ttf
upgbm-hq UniJIS-UCS2-H   ipag.ttf

もし有効になっていたら、これらをコメントアウトして、

urml     UniJIS-UTF16-H  Ryumin-Light
urmlv    UniJIS-UTF16-V  Ryumin-Light
ugbm     UniJIS-UTF16-H  GothicBBB-Medium
ugbmv    UniJIS-UTF16-V  GothicBBB-Medium
uprml-h  UniJIS-UTF16-H  Ryumin-Light
uprml-v  UniJIS-UTF16-V  Ryumin-Light
upgbm-h  UniJIS-UTF16-H  GothicBBB-Medium
upgbm-v  UniJIS-UTF16-V  GothicBBB-Medium
uprml-hq UniJIS-UCS2-H   Ryumin-Light
upgbm-hq UniJIS-UCS2-H   GothicBBB-Medium

をコメントを外してこちらを有効にします。その後 dvipdfmx でpdfを作成したらキレイになると思います。

* 2016/3/12の変更で、W32TeXではデフォルトで cid-x.map ではなく
kanjix.map を読み込むようになったらしい。

* 新旧ドキュメントを比較してみると、変更前のフォントは、IPAex Gothic, IPAex Mincho で、変更後のフォントは MSゴシックとMS明朝でした。

タイトルとURLをコピーしました